社協について

社会福祉協議会とは?
社会福祉協議会(社協)とは、地域社会において民間の自主的な福祉活動の中核となり、住民の参加する福祉活動を推進し、 保健福祉上の諸問題を地域社会の計画的・協働的努力によって解決しようとする公共性・公益性の高い民間非営利団体で、 住民が安心して暮らせる福祉コミュニティづくりと地域福祉の推進を使命とする組織です。
社協の組織(構成員)は?
社協は、地域で暮らす住民の皆さん、社会福祉や保健、医療、教育等の関連分野の関係者、さらに、地域社会の様々な機関・団体によって 構成されています。
そして、住民一人ひとりのニーズに答える社協活動、及び住民活動への参加を実現するために、社協は住民会員制度をとっています。
社会福祉協議会の財源は?
社協の財源は、一般会費・特別会費・賛助会費・共同募金配分金・寄付金等の民間財源、町補助金・県補助金、及び町委託金で構成されていますが、社協の財源確保の基本的な姿勢は、民間財源を基盤として公費の導入を図っています。

鏡石町社会福祉協議会が行っている主な事業

  • 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  • 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
  • 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  • 保健医療、教育その他の社会福祉と関連する事業との連絡
  • 共同募金事業への協力
  • 居宅介護等事業
  • 障害福祉サービス事業
  • 老人福祉センターの管理運営
  • 屋外ゲートボール場の管理運営
  • 自立支援、生きがい活動支援、生きがいと創造事業の受託運営
  • ボランティア活動振興事業
  • 福祉バス運行事業
  • 在宅福祉推進事業
  • 生活福祉資金貸付事業
  • 心配ごと相談事業
  • 福祉サービス利用援助事業
  • おでかけ支援事業

沿革(社協のあゆみ)

昭和31年 鏡石村社会福祉協議会を設立し事務所を村役場住民課に置く            初代会長今泉又治郎氏就任
昭和37年 6月第2代会長滝田重男氏就任
昭和41年 6月第3代会長大河原正吉氏就任
昭和42年心配ごと相談所を開設する
昭和44年 5月第4代会長佐藤久五郎氏就任
昭和46年 5月生活援助資金の貸付を始める
昭和47年 2月福祉機器の無料貸出を始める
昭和50年 1月社協だより第1号を発行する
昭和50年 4月奉仕銀行を開設する
昭和50年 4月社協一般会員会費を募る
昭和51年 4月社協法人会員会費を募る
昭和52年 4月第5代会長橋本隆一郎氏就任
昭和53年 5月第6代会長今泉仲氏就任
昭和57年 7月社会福祉法人の認可を受ける
昭和57年 8月設立登記社会福祉法人として発足する
昭和57年 8月社会福祉活動専門員を設置する
昭和57年 8月老人家庭奉仕員派遣事業を受託する
昭和57年10月事務所を老人福祉センターに移転する
昭和58年12月中央競馬社会福祉財団より助成を受け福祉活動専用車両ライトバンを購入する
昭和59年 2月第7代会長吉田利雄氏就任
昭和59年 3月老人家庭奉仕員の在宅サービス推進のためバイク3台を購入する
昭和60年 3月表彰規定を設定する
昭和60年 4月単位老人クラブの老人福祉センター利用無料招待事業を実施する
昭和61年 1月ねたきり老人の看護研修会を実施する
昭和61年 4月老人福祉センターの運営管理を受託する
昭和61年 4月社協特別法人会員会費を募る
昭和61年 6月一円募金運動を始める
昭和61年11月社会福祉事業活動として、第1回福祉バザーを実施する
昭和62年 3月中央競馬社会福祉財団より助成を受け福祉バスを購入する
昭和62年 4月福祉バス運行を開始する
昭和62年 7月一人暮らし老人招待事業を実施する
昭和63年 4月社協推進協力員要綱を設定する
昭和63年 9月第1回鏡石町社会福祉大会を開催する
平成 3年 4月福島県共同募金会鏡石町分会会則を設定する
平成 3年 4月移動入浴サービス事業を始める
平成 4年 5月屋内ゲートボール場の運営管理を受託する
平成 4年10月老人家庭奉仕員派遣事業が名称変更によりホームヘルプサービス事業となる
平成 5年 4月福島県共同募金配分により訪問ヘルパー訪問車設置する
平成 6年 4月第8代会長有我敏男氏就任
平成 7年 6月社協広報紙「福祉のひろば」第1号を発行する
平成 8年10月ゆうあいバス運行事業を始める
平成 9年 3月給食サービス事業を始める
平成10年 2月第2回鏡石町社会福祉大会を開催する
平成10年11月地域福祉活動の功績が認められ全国社協会長表彰受賞する
平成11年 3月中央競馬馬主社会福祉財団及び福島馬主協会と町の助成により福祉バスを購入替えする
平成12年 3月介護保険制度導入により移動入浴サービス事業終了
平成12年 4月鏡石ヘルパーステーションを開設する
平成12年 7月生きがいディサービス事業を始める
平成13年 7月第9代会長今泉明氏就任
平成14年11月第3回鏡石町社会福祉大会を開催する
平成16年10月鏡石町ボランティアセンターを設立する
平成16年11月鏡石町ボランティアセンター広報誌第1号を発行する
平成17年 4月生きがいと創造事業を受託する
平成18年 9月指定管理者制度の導入により老人福祉センターの指定管理者となる
平成18年 9月指定管理者制度の導入により屋内ゲートボール場の指定管理者となる
平成18年11月社協賛助会員会費を募る
平成18年12月鏡石町全域を対象に地域福祉推進団体助成事業を実施する
平成19年11月第4回鏡石町社会福祉大会を開催する
平成20年 4月第10代会長正木正秋氏就任する
平成22年 4月福島県・市町村社会福祉協議会における災害時相互支援に関する協定締結
平成23年 3月東北地方太平洋沖における東日本大震災発生   災害ボランティアセンターを設置する(年内に終了)   老人福祉センターを避難所として開放する(3月12日~5月31日)
平成23年 4月日常生活自立支援事業(あんしんサポート)を開始する
平成23年12月ホッとカフェ"ほのぼの"開設
平成24年 4月共同募金鏡石町分会を鏡石町共同募金委員会と名称を改める
平成24年11月第5回鏡石町社会福祉大会を開催する
平成26年 5月鏡石町ボランティア連絡協議会を設立する
平成27年 9月ジャパンゴルフツアー選手会から福祉活動用車両の寄贈を受ける

平成27年10月

鏡石町より助成を受け「おでかけ支援ゆうあいバス」としてワゴン車を購入する

社会福祉法人現況報告書

[平成31年度現況報告書.pdf]